館林市の学習塾 55cinquante-cinq【サンカントサンク】 高校受験→大学受験AUTONOMOUS【オートノマス】

「自学力と自走力」を育む塾 地域No.1。小学生・中学生のうちから大学受験を見据え、試行錯誤して「思考力」を育み、自らを律して「自学力」と「自走力」を培い、主体的に勉強できる生徒へと導くことに、日々思索中。辛口なことや忌憚のないことも発信。autonomous【オートノマス】とは「自主的な」「自律性の」「自ら行動して決める」といった意味をもつ言葉です。

足利大学附属高校1月13日学業特待併願入試(第2回入試)出題範囲

私立高校入試は試験日が早い時期にあるため

 

出題範囲を定めている高校があります。

 

 

 

足利大学附属高校の1月13日実施の学業特待併願入試の出題範囲は以下の通りです。

 

<国語>

現代文2題:小説・論説・随筆などから2題。

内容理解、表現の理解、語句、漢字、ことわざ、四字熟語、敬語、文法、文学史など

古文1題:物語・説話・随筆・日記などから1題。

内容理解、現代語訳、文法、文学史、古典の知識など

※出題は5択(一部記述あり)

 

<英語>

出題範囲:中学3年間で学習する語句および文法事項

出題内容:長文総合、会話文、適語選択、適語補充、語句整序、連立完成、書き換え、リスニング

解答形式:一部記述あり

 

<数学>

中学3年間で学習する内容から出題。

計算問題・因数分解・各種方程式を解く問題は必ず出題。

ただし、三平方の定理を除く。

 

<理科>

基本的に教科書の範囲内で出題。

ただし、「地球と私たちの未来のために」は除く。

 

<社会>

基本的に教科書の範囲内で出題。

地理、歴史については、教科書の全範囲から出題。

公民については、大単元「私たちと国際社会の諸課題」を除く全範囲から出題。

 

 

 

lin.ee

 

studylab55.wixsite.com