館林市の学習塾 55cinquante-cinq by Study Lab 55

試行錯誤して「思考力」を育み、自らを律して「自学力」と「自走力」を養い、主体的に勉強できる生徒へと導くことに、日々奮闘中。辛口なことや忌憚のないことも発信。

2022.8.2

ある生徒の中学校のサマーワークを確認しているときに

 

こんな話をしました。

 

 

 

 

 

数学の難問は楽しめる気持ちを持てるといいよね

 

ほおー!

 

こんな問題かー!

 

やるねー!

 

どれどれ!

 

なるほどねー!

 

う~ん手強いねー!

 

ってなように

 

 

 

もちろん基礎・土台が築かれていないと難問を楽しめないので

 

そこをまずはしっかり築く必要はあるけどね

 

 

 

でも

 

やる側がどうしても楽しめない要因ってのもあって

 

その一つが課題や宿題で

 

期日が決まっていて

 

そこまでに一通りやって提出しなければならないから

 

それこそ期日に終わらせることが目的になってしまって

 

好きなだけ自由に難問に対して

 

あーでもないこーでもないと試行錯誤しながら考える余裕を与えられないんだよね

 

こんなところが課題や宿題のデメリットの一つだったりするんだけど…

 

 

 

まあでも

 

そのためにも出来るだけ勉強時間を多く作ることだよね!笑

 

 

 

 

 

連立方程式の利用問題を避けがちな面が見えたので

 

マインドセットを変えよう!

 

というそんな話をしました。

 

 

 

 

 

2022年度群馬県公立入試用 群馬県統一テスト合格率80%偏差値

今春の群馬県公立入試受検用(現高1生用)

 

群馬県統一テストにおける公立高校の偏差値です。

 

これは昨春の後期選抜合格率80%(現高2生)を基にしたデータとなっています。

 

したがって年によって偏差値は変動します。

 

 

 

合格率70%偏差値はこちら

 

studylab55.hatenadiary.com

 

 

 

 

 

合格率80%偏差値というのは

 

その偏差値の人が10人受けたら8人以上合格するというものです。

 

 

 

インターネット上に

 

偏差値というものが氾濫していますが

 

そもそも偏差値というものは母集団によって変わるものです。

 

したがって

 

どんな受験者層や学力層なのかわからないものは正確な値ではありません。

 

 

 

たとえば

 

大学受験においては同じ偏差値50でも

 

駿台模試なのか河合塾全統模試なのかベネッセ模試なのかで

 

全く違ったものになります。

 

それぞれの模試の受験者層や学力層が違うからです。

 

 

 

 

 

群馬県の高校入試においては

 

群馬進学センター(GSC)が実施する群馬県統一テストの偏差値がまともなものとなります。

 

 

 

 

 

 

70

 

69

<前橋地区>前橋 前橋女子

<高崎・安中地区>高崎 高崎女子

 

68

 

67

 

66

 

65

群馬高専(電子情報工学

<太田・館林地区>太田

 

64

群馬高専(機械工学・電子メディア工学・物質工学・環境都市工学)

<桐生・みどり地区>桐生(普通) 桐生(理数)

<太田・館林地区>太田女子

<高崎・安中>高崎経済大学附属(普通)

 

63

 

62

<高崎・安中>高崎北

 

61

 

60

<沼田地区>沼田(数理科学)

<渋川地区>渋川 渋川女子

 

59

 

58

<前橋>前橋南 前橋東

<沼田>沼田女子(英数)

 

57

<太田・館林>太田東

<高崎・安中>高崎工業(情報技術)

 

56

 

55

<伊勢崎>伊勢崎(普通・グローバル)

<高崎>高崎工業(建築)

 

54

<太田・館林>市立太田(普通)

<高崎>高崎工業(機械)

<藤岡・富岡地区>富岡

 

53

<前橋>市立前橋 前橋商業

<伊勢崎清明 桐生清桜(アドバンスト探究)

<太田・館林>館林

<高崎>高崎工業(電気)

 

52

<太田・館林>市立太田(商業)

<高崎・安中>高崎東

 

51

<高崎・安中>高崎商業 高崎経済大学附属(音楽) 高崎経済大学附属(美術)

<沼田>沼田(普通)

 

50

<前橋>前橋工業(建築)

<沼田>沼田女子(普通)

 

49

<太田・館林>館林女子

<高崎・安中>高崎工業(工業化学)

<渋川>吾妻中央(普通)

 

48

<太田・館林>西邑楽(普通)

<高崎・安中>高崎工業(土木)

 

47

<前橋>前橋工業(電子機械)

<桐生・みどり>桐生清桜(普通)

 

46

<前橋>勢多農林(食品科学) 前橋工業(機械) 前橋工業(電気) 前橋工業(電子)

<伊勢崎>伊勢崎商業(商業・情報処理・会計)

<桐生・みどり>桐生工業(建設) 桐生市商業(商業・情報処理)

<太田・館林>西邑楽(美術)

<沼田>利根実業(創生工学・機械)

 

45

<前橋>前橋工業(土木) 前橋西(普通・国際)

<伊勢崎>伊勢崎興陽 伊勢崎工業(電子機械)

 

44

<桐生・みどり>桐生工業(機械・創造技術・電気) 

<太田・館林>大泉(普通)

<沼田>利根実業(創生工学・土木)

 

43

<前橋>勢多農林(緑地土木)

<伊勢崎>伊勢崎工業(機械) 伊勢崎工業(電気)

<桐生・みどり>桐生工業(創造技術・染色デザイン)

<太田・館林>館林商工(総合ビジネス・情報ビジネス) 大泉(食品科学)

 

42

<前橋>勢多農林(植物科学・植物デザイン) 勢多農林(動物科学・資源動物) 勢多農林(動物科学・応用動物)

<太田・館林>太田工業(電気・情報技術) 館林商工(生産システム・建築) 西邑楽スポーツ)

<渋川>渋川工業(電気) 渋川工業(情報システム)

 

41

<伊勢崎>伊勢崎工業(工業化学)

<高崎・安中>吉井

<藤岡・富岡>藤岡中央(普通・理数)

<渋川>渋川工業(機械) 渋川工業(自動車)

 

40

<桐生・みどり>大間々

<太田・館林>>太田工業(機械・電子機械) 大泉(グリーンサイエンス)

<渋川>吾妻中央(生物生産) 吾妻中央環境工学 吾妻中央(福祉)

 

39

<太田・館林>新田暁 大泉(生物生産)

<高崎・安中>安中総合学園

<沼田>利根実業(生物生産・グリーンライフ)

 

38

<前橋>前橋清陵(普通・昼間部)

<藤岡・富岡>藤岡北 富岡実業

<渋川>渋川青翠

 

37

<沼田>利根商業(普通) 利根商業(地域・情報)

 

36

<伊勢崎>玉村

<高崎・安中>榛名

 

35

<太田・館林>板倉

<高崎・安中>松井田

 

34

<太田・館林>太田フレックス(第Ⅰ午前部)

<渋川>長野原 嬬恋(普通) 嬬恋(スポーツ健康) 嬬恋(流通ビジネス)

 

33

<前橋>前橋清陵(普通・夜間部)

<藤岡・富岡>万場 下仁田

<沼田>尾瀬(普通) 尾瀬(自然環境)

 

32

<太田・館林>太田フレックス(第Ⅱ午後部) 太田フレックス(第Ⅲ夜間部)

 

 

 

 

 

来春受検用(現中3生用)の偏差値は判明し次第

 

また記事にする予定です。

 

 

 

 

 

2022不動岡高校大学合格実績 私立大学編

私立大学を見ていきましょう。

 

国公立大学編はこちら

 

studylab55.hatenadiary.com

 

 

 

 

私立大学の合格者数を見るにあたり留意する点は

 

一人が複数の大学に合格していること

 

一人が同じ大学の複数の学部学科に合格していること

 

があるということです。

 

 

 

 

 

 

不動岡高校の私立大学合格者数上位15大学を挙げると

 

1位 東洋大 183名(私立大学合格者1350名の13.6%、学年360名の50.8%)

2位 立教大 65名(4.8%、4.8%)

3位 日本大 53名(3.9%、14.7%)

4位 獨協大 52名(3.9%、14.4%)

5位 法政大 49名(3.6%、13.6%)

6位 芝浦工大 47名(3.5%、13.1%)

7位 昭和女子大 42名(3.1%、11.7%)

8位 明治大 41名(3.0%、11.4%)

9位 大東文化大 38名(2.8%、10.6%)

10位 文教大 32名(2.4%、8.9%)

11位 青山学院大 31名(2.3%、8.6%)

12位 日本女子大 29名(2.1%、8.1%)

13位 学習院大 28名(2.1%、7.8%)

14位 中央大 27名(2.0%、7.5%)

15位 早稲田大 26名(1.9%、7.2%)

 

計743名

これは

私立大学合格者1350名の55.0%にあたります。

 

 

 

 

 

難関私大(慶應、早稲田)といわれる大学群の合格者を見ると

 

慶應大 5名(私立大学合格者の0.4%、学年の1.4%)

早稲田大 26名(1.9%、7.2%)

 

計31名

これは

私立大学合格者の2.3%にあたります。

 

 

 

 

 

 

準難関私大(上智東京理科大ICUGMARCH関関同立)といわれる大学群の合格者数を見ると

 

青山学院大 31名(私立大学合格者の2.3%、学年の8.6%)

学習院大 28名(2.1%、7.8%)

国際基督教大 1名(0.07%、0.3%)

上智大 10名(0.7%、2.8%)

中央大 27名(2.0%、7.5%)

東京理科大 22名(1.6%、6.1%)

法政大 49名(3.6%、13.6%)

明治大 41名(3.0%、11.4%)

立教大 65名(4.8%、18.1%)

同志社大 1名(0.07%、0.3%)

立命館大 6名(0.4%、1.7%)

 

計281名

これは

私立大学合格者の20.8%にあたります。

 

 

 

 

 

 

私立大学合格者数を見るにあたり

 

やはり人数だと実態が見えづらいことがわかります。

 

私立大学合格者数上位4大学の合計合格者数だけで

 

不動岡高校の1学年360名とほぼ同数となっています。

 

 

 

それならば

 

私立大学合格者数1350名を母数にして

 

それぞれの大学の合格者数から合格者割合を示したほうが

 

各大学にどれくらい合格できる可能性があるのか

 

不動岡高校の中でどのくらいの位置にいればどんな大学に合格できるのか

 

の実態に近いような気がします。

 

 

 

 

 

不動岡高校といえども

 

難関私立大学や準難関私立大学に合格するのは

 

難しいということがわかります。

 

 

 

不動岡高校に合格することだけを目的にしていると

 

高校で詰んでしまう恐れが高まるのは言うまでもありません。

 

 

 

 

高校以降どう勉強していくか。

 

 

 

高校ではいかに自分自身で勉強することができるか

 

これに尽きます。

 

 

 

サンカントサンクが掲げる「自学力」と「自走力」を

 

いかに身につけた状態で高校に進学できるかが鍵となるでしょう。

 

 

 

 

 

勉強法を創意工夫することを促進します

分からない時どうしたらいいか?

 

出来ない時どうしたらいいか?

 

やる気が出ない時どうしたらいいか?

 

 

 

様々な場面で

 

どういう考え方をしたら良いか

 

どういう行動を取ったら良いか

 

を一緒に考えたり、レクチャーしたりします。

 

 

 

分からないから出来ない→出来ないからやりたくない

 

という悪循環を断ち切るために

 

自ら創意工夫することをサンカントサンクでは促進していきます。

 

 

 

 

 

言い過ぎ、教え過ぎ、与え過ぎは指導者のエゴ

言い過ぎは

 

自ら考えようとしない子を生み出し

 

 

教え過ぎは

 

「ああでもない、こうでもない」と試行錯誤しようとしない子を生み出し

 

 

与え過ぎは

 

自ら行動しようとしない子を生み出します。

 

 

 

しかし

 

既存の多くの塾のシステムは

 

子どもを塾に依存させることでそのシステムを保っています。

 

そうでないと塾の経営の根幹にかかわるからです。

 

 

 

子どもをスポイルし、高校に合格させることだけ、その先のことは知りません

 

という態度を本当は隠し持っています。

 

スポイルされた状態で高校に進学した子供がどうなるかは

 

火を見るよりも明らかです。

 

 

 

サンカントサンクは

 

そんな従来の塾とは一線を画し、指導者側のエゴを排除しています。