館林市の学習塾 55cinquante-cinq【サンカントサンク】 高校受験→大学受験AUTONOMOUS【オートノマス】

「自学力と自走力」を育む塾 地域No.1。小学生・中学生のうちから大学受験を見据え、試行錯誤して「思考力」を育み、自らを律して「自学力」と「自走力」を培い、主体的に勉強できる生徒へと導くことに、日々思索中。辛口なことや忌憚のないことも発信。autonomous【オートノマス】とは「自主的な」「自律性の」「自ら行動して決める」といった意味をもつ言葉です。

英語の得点が上昇

入塾から約半年が経過したところで迎えた1学期の期末テスト。

 

入塾前の中2の2学期中間テスト英語10点(平均点51.3)から

 

72点(平均点55.5)に上昇した塾生がいます!

 

 

 

中2の11月上旬に1週間の体験授業。

 

他の塾の体験授業も経て

 

11月下旬、2学期の期末テスト1週間前に入塾。

 

他の教科も芳しくない状態でしたが

 

とにかく英語を何とかしていきましょうと

 

英語に比重を置いた指導方針としました。

 

入塾後すぐの2学期の期末テストでは

 

せめて単語だけは書けるようにするといった応急処置的なことを

 

テスト前の授業3回分でやり、結果は26点(平均点52.1)。

 

そして

 

期末テスト終了後から

 

中1の教科書からのやり直しに取りかかりました。

 

文法だけでなく、単語、音読、訳読と基礎的なことすべてを

 

一からやり直しました。

 

ある程度の期間、文法をやり直しただけで伸びる子もいますが

 

そういうケースはたいがいスポーツでいえば運動神経の良い子といったタイプ。

 

しかし

 

この塾生は入塾面談時に10点の答案を見せてもらいましたが

 

そういったタイプとは異なり

 

単語のスペルにしても厳しかったので

 

すべてにおいてやり直さないとと判断しました。

 

 

 

それから

 

3学期の期末テスト前の定期テスト勉強と今回の期末テスト前の定期テスト勉強以外は

 

ずっとそれを続けてきました。

 

それでもまだ中2の教科書範囲をやっているところです。

 

でも

 

入塾前の直近の定期テストとその後の定期テストの推移は

 

10点(平均点51.3)→26点(52.1)→32点(53.5)→72点(55.5)と

 

定期テストの平均点がそれほど変わらない中

 

大幅に上昇しました。

 

数学などでは

 

前年度最後の定期テスト(図形など難単元中心)と次年度最初の定期テスト(計算中心の単元)を比べ

 

点数が大幅に上がったというのはよくあるのですが

 

英語は完全に積み上げていき、難度が増していく教科なので

 

英語が苦手な子は基本的には回を重ねるごとに

 

どんどん点が取れにくくなっていきます。

 

 

 

これからの課題は2学期の中間テストや期末テストはもちろんですが

 

高校入試を控えているので

 

模試などでも点が取れるようになっていくことです。

 

 

 

studylab55.wixsite.com

 

lin.ee